<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.02.23 Tuesday  | - | - | 

酪農と農業の融合〜酪農の数減少を食い止める〜

農業が酪農の赤字分を将来的に補う方針が一番嬉しい
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141120-00000019-pseven-soci

エサを米を使ったり酪農のエサを農業がIT技術や機械を使う。
牛肉も日本は牧草でないから肥料が違う。海外産の草と違う
牧草
農業分野が最低10兆円〜50兆円を目指す。最高でも100兆円の輸出を目指す。
1兆円や億では日本の借金を考えると絶対足りない
悲しい

円安だから影響は大きい。円高の方が酪農にとっていい。
科学技術を使って大量生産をできるよう効率化できるようする
バター



お菓子やケーキやパンの価格が日本が輸入によって国内産がなくなって影響するのは避けたいケーキ

ケーキがケーキ将来的に800円〜1000円になってほしくない。
お給料が上がる事ないから、将来的に日本がベトナムにみたいに倍になる事ない。

大豆・小麦を輸入に90%頼ってるのを日本で為替に影響されないように作る。
日本では安く海外に高く売る為に、品種を絞って作る方法もいい。

ソバの実が(天候不順でも作れる品種にする)後は、日本でも作れない果物を作れるようにするかコーヒ豆(寒暖差)や東南アジアで人気の物。

ドラゴンフルーツやココナツの実(ヤシの実)沖縄がサトウキビ以外でも作れる。






 
2015.02.03 Tuesday 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 日本の問題点政権が変わったら政策は受け継がれない | main | 21世紀資本がベストセラー >>

スポンサーサイト

[ - ]
2016.02.23 Tuesday 17:37 | - | - |